<< ::夏イラスト::浴衣や海、スイカなどのイラスト | main | ::日焼け対策::最も効果的な日焼け対策の方法とは >>

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


::浴衣通販::2007年新作浴衣から淡い風流なものまで

浴衣(ゆかた)は和服の一種である。

安土桃山時代頃から、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせるための「湯帷子」(ゆかたびら)という衣類がひろく用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。「ゆかた」の名は「ゆかたびら」の略である。

通常は、木綿地の単物で、和服のなかでも最も簡便かつ単純な構造である(このため戦後のある時期まで家庭科の授業では浴衣を縫うことが多かった)。着用の場合には、素肌の上に直接着るか、もしくは用いても和装用スリップや肌襦袢程度であり、生地が薄く、開放的で風通しがよいことから、もっぱら夏場や湯上り、あるいは寝巻きとしての用途が主である。また、男子は三尺帯、女子は半幅帯で着るのが古風であるが、明治以降兵児帯(へこおび)が流行したこともあって、これを用いることもある。

浴衣に合わせる履物は、素足に下駄が一般的である。基本的に浴衣と下駄はセットで販売されるが、もちろん下駄は好みのデザイン・鼻緒でよい。

現代の日本の生活で浴衣が用いられるのは、主に花火・縁日・盆踊りなどの夏の行事であり、着ているのは大半が若い女性である。温泉街は浴衣を着て下駄を履くのが雰囲気を出すのに重要として、浴衣着用を前提としたまちづくりをしてあるところもある。浴衣は色鮮やかで、下駄も音が好まれるため、祭り、温泉とも華やかな雰囲気になるとして、浴衣・下駄着用前提の取り組みは増えつつある。観光関係やサービス業の従業員など夏の制服として着用する例も多くなった。
wiki引用

今年の浴衣もうみなさん決めましたか?
2007年は派手なものが多いみたいですよ。
今年はちょっと淡いものにしようかと思っています
なかなかいいものを探すのに時間がかかりそうなので
今年は通販で済ませてしまおうと思います;;

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • 13:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク