<< ::こいのぼり販売::一般のお店より安く鯉のぼりを買う方法 | main | ::桜イラスト:: いろいろな桜のイラスト >>

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


::イラストロジック::無料でできるロジック(問題数が多いところ)

お絵かきロジックは西尾徹也といしだのん(石田伸子)の二者が独自に発案した。同時期に別々に発表したため一時期論争を起こしたが、結局は殆ど同じ時期に別々に創案したということが分かり論争もおさまった。

西尾は、マトリクスを使用したロジックパズルのマトリクスを利用して絵を描くことを考えた。一般的なロジックパズルにおいてはマトリクスには○か×を埋めるが、この○と×を黒マスと白マスにすることを考え、ヒントの出し方を考えて現在のルールを完成させた。

石田は1987年に、ビルの窓を利用して絵を描くという企画で入選した後、窓の絵=格子の上に絵を描くパズルを考えた。この石田の思考の過程の一部は彼女の著書である「ののぐらむ」で見ることができる。

このように二者が独自の過程を経て偶然にも同じ形式の問題に落ち着いた。後に西尾は問題を提供している『パズラー』誌で、石田はパズルの連載をしていた『社会新報』誌で問題を発表することになるが、偶然にも両誌の発行日は共に1988年7月2日であった。

西尾は『パズラー』でこのパズルを発表した際に、このパズルを読者からも募集した。これにより高い人気を得、同誌から多くの作家が生まれることになった。一方石田の作品は、イギリスのダルゲッティによりののぐらむと命名されて『サンデー・テレグラフ』紙で連載されることになった。これにより、ののぐらむはイギリスで人気を得ることになる。また、日本においては毎日新聞の日曜版でも連載されていた(2006年現在、連載終了)。

任天堂ではピクロス(ピクチャー・クロスワード)の名を冠してパズルゲーム化。1995年にゲームボーイ用ソフト『マリオのピクロス』を発売、以降シリーズ化されている(ピクロスの項を参照)。

ウィキペディアより引用
ロジックのページ見てたらすごいやりたくなった!
だれか無料でできるとこいっぱい教えてください!

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • 03:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク