<< ::カルボナーラ作り方:: 誰でも簡単に作れるパスタレシピ♪  | main | ::入学スーツ:: 入学式はスーツで決まり!激安購入してみては? >>

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


::マカロンレシピ:: ふわっと簡単なマカロンの作り方!これで失敗なし!

最近おいしくてはまってるのはマカロン。
おいしい!
作り方必死に調べて最近作れるようになりました。
簡単だけどおいしい^^
ぜひ皆さんも作ってみてください。
こんなことかいてたらおなか減っちゃった
レシピ書くのでぜひぜひ^^


■ 材料(約50枚分/組み立てて25個分)

卵白  90g
特細目グラニュー糖 30g
アーモンドプードル 90g
粉糖 160g


■ 準備

・オーブンを200℃に予熱する
・アーモンドプードルと粉糖をふるっておく

■作り方


1. ボウルに卵白を入れ、コシをきるように溶きほぐす。卵白の理想の糖度は17〜18度みたいです・

2. グラニュー糖を3回に分けて加えていく。(ハンドミキサーは高速で泡立てる)

3. きめ細かくしっかりとしたメレンゲをつくる。

4. メレンゲにふるっておいたアーモンドプードルと粉糖をふり入れながら、最初はゴムへらでさっくり混ぜる。

5. 次にゴムへらの面を使い、やや練りつぶすようにていねいに混ぜ合わせる。

マカロン独特のつるんとした表面は、メレンゲの表面をつぶす「マカロナージュ」と呼ばれるこの工程によって産まれます。混ぜている生地にツヤが出て、まとめたときにゆっくりと平らに広がる状態が目安。
形が崩れてしまう、焼いてもボリュームが出ない。
→ 気泡をつぶしすぎてしまっています。

ふくらみすぎて割れてしまう。ツヤの無い乾いた感じになってしまう。
→ 混ぜが足りません。

6. メレンゲの泡をある程度つぶして、生地の固さを調整していく。(つぶしすぎると生地がだれるので注意する)

7. つやがでてくれば混ぜ終わり。

8. 生地を#9(10mm)の丸口金をつけた絞り袋に入れ、シルパットの上に間隔をあけて丸く絞りだす。(絞り終わりの角が残らないように、こんもりと絞りだす) シルパットのサイズがご自宅のオーブンに合わない場合は、Matferクッキングシートがお勧め。お好みのサイズに切ってお使いいただける優れものです。

9. 手で触ってもつかないぐらい乾くまで、そのまま置いておく。
焼く前に乾燥させることによって、薄い膜ができます。それによって、中に封じ込められた適度な水分で焼き上がりの固さが均一になります。

10. 200℃のオーブンに入れ、ピエ(縁に生地がはみだしてフリルのようになる)が出来たら、170℃に下げて約10分〜15分焼く。
ピエが少しだけはみ出す事が優れたマカロンの条件。オーブンの温度調整ができるのであれば、最初は上火のみで焼いて、その後上下火で焼くことをおすすめします。または天板を2枚重ねて使用したり、最初は高温で焼いて、その後低温に下げて焼くなどの工夫をすると、きれいなマカロンに仕上がります。

11. 粗熱がとれたら、シルパットからはがす。


こんな感じみたいです。
文章うまく書けないのでなんかへんだけど。ぜひつくってみてください。
写真付きレシピはcuoca.comさんにありました。
それだとわかりやすいかも

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク