<< マンチカン 画像 地上最大のテレビ動物園で紹介していた… | main | daigo ウィッシュ 画像 プロフィール 姉 家族 などなど。 >>

スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


崖の上のポニョ グッズ 秘蔵 画像 大公開

海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳児の少年・宗介の物語である。

本作は『ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1836年に発表)の童話のひとつ『人魚姫』をモチーフとしているが、正確には製作中に『人魚姫』の話に似てると思っただけの後付の設定であるという。なお、宮崎が幼少時に初めて読んだ時、結末に納得いかなかったので今回の作品を作ったという。

本作はストーリーの起承転結が明確になっておらず、これは鈴木敏夫も認めているようで、「宮崎さんは構造の無い作品を作りたかったのだろう」と話している。今回、鈴木は映画の内容に関しては殆ど関わっていないという。


キャッチコピー
生まれてきてよかった。
半径3メートル以内に、大切なものは全てある -宮崎駿-(アサヒ飲料 三ツ矢サイダーのCMコピー)

経緯
『ハウルの動く城』完成の後、しばらく宮崎が構想を練っていたものを、ジブリスタッフを伴っての制作が2006年10月に始まった。元々は今まで通りの表現手法で作る予定であったが、制作前にイギリスのテート・ブリテンで鑑賞したジョン・エヴァレット・ミレーの絵画、「オフィーリア」に感銘を受け、改めて作画方法について見直すことになる。その後、監督の宮崎が「紙に描いて動かすのがアニメーションの根源。そこに戻ろうと思う。もう一遍、自分たちでオールを漕ぎ、風に帆を上げて海を渡る。とにかく鉛筆で描く」という意向を固め、コンピューター(CG)を一切使わず、手書きによって作画される事となった(ただし作画以降の彩色・撮影はデジタル)。作画にコンテを使うなど、絵のタッチは子供が書いたような素朴なものになり、これまでのジブリと違った新しい試みになっているとプロデューサーの鈴木敏夫は話している。特に海(波)の描写に力を入れているという。


wiki引用

ぽにょまじかわいかったー
あたしもほしい!

スポンサーサイト

  • 2010.04.21 Wednesday
  • -
  • 17:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
★おすすめ楽天ショップ★
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM